オールインワンゲルで美白対策

ポツンとできたシミや全体的なくすみは、肌の透明感が損なわれてしまう原因です。

美白ケアをしたいけれど、スキンケアに時間をかけられないという方に便利なのは、美白成分が配合されているオールインワンゲルです。

ただ、美白と言っても配合されている成分によって効果が微妙に違うので、肌の悩みに合わせた成分が配合されているオールインワンゲルを選ぶようにしましょう。



ビタミンC誘導体にはメラニンの生成を抑える力があり、沈着した色素を白くする還元作用があるので、予防と対策の両方で活躍する成分です。
皮脂を調整したりコラーゲンの生成を促したりする働きもあるので、皮脂分泌が盛んでニキビができやすい肌やターンオーバーの乱れを感じた時にも利用できます。
ビタミンC誘導体は肌につけた時に刺激を感じることがあるので、敏感肌や乾燥肌の方は、保湿成分や抗炎症作用のある成分が一緒に配合されているオールインワンゲルを選んでみましょう。
プラセンタには新陳代謝を活発にして、メラニンの排出を促す力があります。


代謝が衰えてきた年齢肌に向いている美白成分で、古い角質が肌に残って発生するくすみなど、ごわつきを感じる肌にも最適です。

ビジネス視点でnanapiの最新情報をお伝えします。

ビタミンC誘導体のように色素自体を白くする働きはないのですが、肌を再生させる働きに優れているので、肌の透明感を引き出しながら質感を高めていきたい時に利用したい成分です。



化粧下地でオールインワンゲルを利用する場合は、UVカット機能が付いている物やアスタキサンチンなどの抗酸化成分が配合されている物も適しています。